女性ホルモン 食事

ホルモンバランスを整える食事

女性ホルモンのバランスを整えるにはどうすればいいのでしょうか?

女性ホルモンのバランスを整えるには食事でいうなら大豆に含まれるイソフラボンをとることです。


イソフラボンとは、女性ホルモン様作用を持つ天然成分です。
更年期障害・骨粗鬆症・癌・美容に効果が期待できるとされています。


このイソフラボンは、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするのです。

イソフラボンを多く含む食事を摂取することを心がけましょう。
イソフラボンを多く含む食材は大豆食品です。
豆腐、納豆、味噌等の大豆食品を積極的に摂るようにすると良いです。。

一日の摂取量は納豆なら1パック、豆腐なら半分の量を食べるといいとのことです。

女性ホルモン バランス

女性ホルモンバランスを整えるには

女性の方々は年齢を問わず、女性ホルモンバランスを整えて、美しく健康な女性でいたいものです。
近年では中高年の女性だけでなく、若い女性にも女性ホルモンバランスの乱れによる不定愁訴(ふていしゅうそ)を訴える方が多く見受けられます。

女性ホルモンバランスが乱れる原因のひとつには、現代のストレスの多い生活や食生活の乱れ、過度なダイエットなどが関係していると言われています。

因果関係ははっきりと解明されてはいませんが、女性ホルモンバランスの乱れによる不調は日常生活にも影響を及ぼす場合が多く、生理痛、頭痛、肩こり、不眠、イライラなどの身体的不定愁訴に加え、肌のしわやたるみ等の美容面へ大きなダメージを及ぼしていることは事実です。


もし女性の方で原因もわからず不調を感じる場合には、まず病院で受診してみましょう。

ただの生理通や頭痛だと思っていても、大きな病気への前兆の場合もあるのです。
また、病院で受診して異常がないと診断されると、病気でないとわかっただけで精神面でも安心が得られることでしょう。

しかし病院から異常がないと言われても不調が気になる場合には、診察する科を変えてみましょう。
婦人科・内科で以上が見当たらない場合でなおかつ身体の不調がある場合は、迷わず精神・神経科、もしくは精神内科に受信しましょう。
自律神経系からくる体調不良を改善する薬もありますので、気になる方は受診してみて医師に相談してみましょう。



女性の健康は、女性ホルモンバランスを整えることで簡単に手にできることが多いのです。
手軽にできる方法で状態を改善できることも多いのですから、まずは自分で出来ることから女性ホルモンバランスを整えることを始めてみましょう。

女性ホルモン バランス

女性ホルモンの分泌バランスを整える方法

不規則な生活を自覚している場合は、何よりもバランスの取れた食事、規則正しい生活、睡眠を心がけるようにしましょう。

女性ホルモン分泌の仕組みは繊細なので、日常生活をできる限り規則正しく整えることが第一です。

とくに月経前は女性ホルモンが一気に少なくなるため、体が変化に対応しきれず「月経前症候群(PMS)」を起こしてしまうことも。
運動といっても身構える必要はなく、最初は天気のいい日に1時間くらい散歩をしてみる程度でもよいのです。

週の半ばに1回、週末に1〜2回ジョギングをしたり、スポーツジムで水泳などを行うのは効果的と考えられます。
目安としては1週間に少なくとも3回くらい30〜60分の有酸素運動がお薦めです。


  1 2  次の3件>>


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。